ゴッホの絵画の手描き複製

マスターの作品と同様に、すべての点でヴィンセントヴァンゴッホの絵画の見事な複製を購入してください。 何百ものキャンバスから選択してください。

ヴィンセントヴァンゴッホの絵画をキャンバスに複製して油絵を描く

ヴァン・ゴッホは、彼のすべての感情を表現し、彼の作品に動きの感覚を与えた彼の太くて劇的な筆運びで有名でした。 彼はしばしばペイントチューブ(インパスト)から直接ペイントし、死ぬ前の過去70日間にXNUMX日にXNUMXつのキャンバスをペイントしました。 彼は切迫感、アイデアをとらえる意欲を持って絵を描き、それが彼を絶え間ないストレスにさらしました。

ヴァンゴッホのキャンバスのほとんどは、磨耗したブラシと 画家のナイフ (一種の小さなスパチュラ)、それは問題に目立つ場所を与えます。

ヴァンゴッホの複製はテクスチャー絵画ですが、ジェスチャ絵画でもあります、ナイフを使用すると、非常に動的な作成アプローチが可能になります。

ほとんどのアーティストは「フラット」な絵を描きますが、細かい絵の具が何層にも重なっている場合があります。 これは、塗装で広く使用されているグレージング技術であり、異なる色の層を重ね合わせることにより、目的の効果が得られるまで塗料の薄い層を重ねることで構成されます。

これは、内臓でペイントするヴァンゴッホには当てはまりません。 彼の初期の絵画(彼が鉱山労働者と一緒に住んでいたとき)とは別に、ヴァンゴッホはカラフルで多くの素材を使用しています。 彼はブラシとナイフを使ってキャンバスに切り込み、絵の中心に直接トーンを混ぜることを躊躇しませんでした。

ヴァン・ゴッホと同じ技法を使用して、彼の作品を幅、高さ、厚さのXNUMXつの次元で再現します。 スケッチが終わったら、ヴァン・ゴッホのようにキャンバスの密度を尊重するためにナイフで色を塗ります。必要なだけペイントを塗ることを躊躇しません。

レンダリングは並外れており、ヴァンゴッホの複製のXNUMXつが、アーティストのすべての作品を描いているのを見て、私たちは理解しています。 ナイフの各ストローク、ブラシの各動き、素晴らしい結果を達成するために必要なすべてのジェスチャー、そしてきらめく色の絵。

ヴィンセントヴァンゴッホのスタイル

青年

主に独学で、ヴァン・ゴッホは版画を複製し、絵画の芸術に関する本を読むことから始めました。 彼は、偉大な画家になるためには、まず描く方法を知らなければならないと考えました。それは当時は理にかなっていたことです。 今日はもう少し少ない!

彼が色を使い始めたのは彼の描画スキルに満足するまでであり、彼の厚いパレットは彼のスタイルの最も有名な特徴のXNUMXつになりました。

ヴァンゴッホの絵は、キャラクター、ライト、風景の彼の表現が色を追加することなく賞賛できるという点で特別です。 彼はクレヨン、黒いチョーク、赤いチョーク、青いチョーク、ピンクのペン、さらには木炭を使って描きました…彼はしばしばいくつかを混ぜましたが。

彼はまた、約150の水彩画を制作しました。 彼女の筆運びの典型ではありませんが、彼女は生々しく鮮やかな色のためにヴァンゴッホを叩きます。

1882年、ヴァンゴッホはリソグラフィーの実験を開始し、一連の10の作品を作成しました。XNUMXつのリトグラフとXNUMXつの彫刻です。 ジャガイモを食べる人 販売が計画され、彼はより多くの人々にリーチするためにリトグラフを作成しました。

 

中年

彼のキャリアの初めに、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは当時の彼のモデル、主に鉱夫と農民を反映した黒と憂鬱な色で描かれました。 しかし、彼が1886年にパリに引っ越したとき、彼のスタイルは突然変わり、印象派と新印象派の仕事に影響を受け始めました。

彼は赤、黄、オレンジ、緑、青のパレットを使い始め、印象派の壊れた筆運びを試しました。 1885年の麦わら帽子をかぶった自画像を見ると明らかなように、彼はポインティリズムをからかった。

ヴァン・ゴッホも日本の芸術に大きな影響を受けており、オブジェクトの輪郭を太い黒い線で描き、太い色で塗りつぶしました。 彼の色の選択は彼の気分に依存し、ひまわりのように、ほとんど完全に黄色で塗られているように、時々彼はパレットを制限しました。

 

ヴァンゴッホの成熟度

1888年にヴァンゴッホはアルルに移り、ゴーギャンとしばらく暮らしました。 Gauguinは黄麻布のボールを購入し、XNUMX人のアーティストはそれをキャンバスとして使用しました。これにより、彼らはより厚くペイントし、より重いブラシストロークを使用するようになりました。

Van Goghは、Gauguinのテクニックを模倣し始め、より魅力的で現実的ではないスタイルを作成するようになりました。 彼はまた、現実的にコピーするのではなく、意図的に色を使用して感情をキャプチャすることで、色とブラシを使用して被写体に感情的に反応し始めました。 当時、アーティストがそれをしなかったことに注意する必要があります!

彼は、「目の前にあるものを再現しようとするのではなく、自分をより力強く表現するために任意の色を選択します。 「」

ヴィンセントヴァンゴッホの絵画

ヴィンセントヴァンゴッホの小さな物語

Vincent Van Goghは、30年1853月20日にオランダのGroot-Zundertで生まれました。 彼は印象派の画家であり、その美しさ、感情、色で注目に値する作品は、XNUMX世紀の芸術に大きな影響を与えました。

ヴァンゴッホは、レンブラントに次ぐ、オランダで最も偉大な芸術家と見なされています。 彼は精神的な不安定さに苦しみ、貧しく、生涯ほとんど知られていないままでした。

彼は29年1890月37日にフランスでXNUMX歳で銃撃による負傷で亡くなりました。 私たちは自殺について話しますが 一つの理論は彼が偶然に殺されたということです.

©Copyright 1996-2021 Paul Oeuvre Art inc。 カウタイギャラリー
オフィス:#219、Street 19 Sangkat Chey Chomnas、12206、プノンペン、カンボジア
投票:4.8 / 5に基づく14658レビュー| 営業時間:月曜から金曜の午前9時から午後17時
電話番号:   | Eメール: [メール保護]