手で描いたピカソの絵画の複製

マスターの作品と同様のあらゆる点で、パブロピカソの絵画のすばらしい複製を購入してください。 数十の生地からお選びいただけます。

パブロ・ピカソの絵画をキャンバスに油絵で再現

ピカソの絵を正しく再現するには、何よりも細部に注意を払う必要があります。 そして、色がどのように組み合わされて最終結果が得られるかを理解します。 奇妙に思えるかもしれませんが、再現するのに最も複雑な絵画は確かにキュービスト時代のものです。 ダニエルヘンリーカーンワイラーの肖像.

実際、ペイントする前に、テーブルのフレーム全体を正確な程度に、その比率と多数の幾何学的形状で実現してから、テーブルを多数のグラデーションとさまざまな色の色合いでペイントする必要があります。 トーンやフォームのエラー、および立方体の目が立方体として表示されなくなり、目として表示されなくなると、絵画はその意味を失い、アーティストのメッセージを反映しなくなります。

一部 ピカソの絵画の複製 として 猫とドラマール 課題を表しますが、線の複雑さではなく、採用されているさまざまなカラーパレットに関連しています。

ピカソは時間や出来事によって変化します。 彼を特徴付けるスタイルはありませんが、彼が創造物として定義するスタイルはありません。 

革新的で変化するピカソは真のアーティストであり、彼の創造性を彼の創造の速度で発見し、彼自身を世界に明らかにし、彼の作品を通して世界を明らかにする人です。

パブロ・ピカソのスタイル

  • それは影響の合流点でした-PaulCézanneから アンリ・ルソー 古風主義と部族芸術を通して-それはピカソに彼の絵画をより構造的にすることを奨励し、そしてそれは彼を キュービズム、それを通して彼はルネッサンス以来芸術を支配してきた視点の慣習を解体します。 これらの革新は、事実上すべての現代芸術に影響を及ぼし、空間における形態の表現にアプローチする方法に革命をもたらします。

 

  • ピカソのキュービズムへの没頭は、彼をコラージュの発明に導き、それを通して彼は世界のオブジェクトの窓としての画像のアイデアを放棄し、それを異なる手段を使用する標識の配置として考えます、これらのオブジェクトを参照するために、時には比喩的です。 この物事の概念は、今後数十年にわたって非常に影響力があることが証明されました。

 

  • ピカソは彼が使用したスタイルに対して折衷的なアプローチを取りました。特定の期間はまったく異なる場合がありますが(以下を参照)、同じ作品でスタイルを組み合わせることがよくあります。

 

  • 彼のシュールレアリズムとの出会いは、彼の芸術を完全に変えたわけではありませんが、彼の愛人マリー・テレーズ・ウォルターの肖像画の柔らかな形と優しいエロティシズムだけでなく、ゲルニカ(1937)の非常に角張ったイメージも奨励しました。前世紀の最も有名な反戦芸術作品。

 

時代を超えたピカソのスタイル

ピカソの絵画を複製するには、彼の作品とスタイルをすでに理解している必要があります。 基本的に:

  • ユースワークス :ピカソの8歳から28歳までの最初の作品で、非常に折衷的で、彼の作品の1901つである「最後の瞬間」は、XNUMX年にパリで開催されたユニバーサルエキシビションでスペインを代表しています。

  • 青い時代(1901-1904) :友人のカサゲマスの死から始まり、真夜中の青い色調を永続的に使用することを特徴とし、死、老年、貧困という憂鬱なテーマが特徴です。

  • ピンク時代(104-1906) :名前の同じ理由で、ピンク色を使用するようになりました。 それは彼の最初の仲間の会合と一致し、喜びと実在する不安のテーマに取り組んでいます。 彼は本当に有名になり始め、彼のすべての絵画を販売しています。 彼が設計したのは1906年にアッパーカタロニアの小さな町ゴソルでした。 レドゥモワゼルダヴィニョン、キュービズムの始まりの主要なイベントを構成する絵画

  • アフリカの影響 :1907年から1909年まで、ピカソはアフリカの芸術、特にコンゴの芸術の影響を受けていました。

  • ル・キュービスメ :GeorgesBraqueで作成したスタイル。 キャンバスは、ジオメトリと表現された形状の研究によって特徴付けられます。すべてのオブジェクトは、単純な幾何学的形状(多くの場合は正方形)に分割および縮小されていることがわかります。

  • シュルレアリスム:マスターのスタイルで1925年に暴力的で根本的な変化。 彼は内なる個人的な地獄を描写し、それを形作りたいと思っています。 したがって、複雑な形、変形した、痙攣する生き物は、ヒステリックな怒りの網に巻き込まれました。

パブロ・ピカソの絵画

パブロ・ピカソからの小さな話

パブロ・ピカソは、20世紀前半の最も支配的で影響力のあるアーティストでした。 特にキュービズムのパイオニアとしてGeorgesBraqueと提携し、コラージュを発明し、 象徴主義 と シュルレアリスム.

彼は自分自身を主に画家と見なしていましたが、彼の彫刻も非常に影響力があり、紙や陶器への印刷など、さまざまな分野を探求しました。 彼はまた、並外れたカリスマ性を持っていました。 彼の女性との数多くの関係は、彼の芸術に響き渡るだけでなく、彼の芸術的進化にもそれを導きました。彼の態度は、人気のある想像の中で現代のボヘミアンアーティストの典型であり続けます。

の伝記を読む パブロ·ピカソ

©Copyright 1996-2021 Paul Oeuvre Art inc。 カウタイギャラリー
オフィス:#219、Street 19 Sangkat Chey Chomnas、12206、プノンペン、カンボジア
投票:4.8 / 5に基づく14658レビュー| 営業時間:月曜から金曜の午前9時から午後17時
電話番号:   | Eメール: [メール保護]