クリムトの絵画の手描き複製

マスターの作品と同様のあらゆる点で、グスタフクリムトの絵画のすばらしい複製を購入してください。 数十のキャンバスから選択します。

グスタフ・クリムトの絵画をキャンバスに複製して油絵を描く

グスタフクリムト 彼自身のスタイルを持っていて、 クリムトの絵画の複製は別の作品です.

彼は、少なくとも彼の最も有名な作品のためにたくさんの肖像画を作り、彼の絵画の背景となるパターンを使用しました。 グスタフ・クリムトの絵画は、その装飾の豊かさ、細部の豊富さ、彼の肖像画の正確さ、そして非常に特別な色の使用によって認識されています。

彼の絵画を再現するのが特に興味深いのは、クリムトが金箔を使用した独自の絵画技法を使用したことです。

グスタフ・クリムトのスタイル

金箔の使用は、新しい技術でも特別な技術でもありません。 ザ・ デコレータはそれをたくさん使用しました、および18世紀以前の多くのオブジェクトがそれで覆われています。

一方、油絵を強調するために金箔を使用したのは事実上クリムトだけです...そしてその結果、現在彼の絵を再現しているのは私たちです。

マスターがしたように、私たちのクリムトの絵のいくつかだけが金箔で象眼されています:

 

これらの絵画を金箔で再現しているため、価格が高いことがわかります。 インレイなしで注文することが可能です(カタログを参照)。

市場にはクリムトの複製品がたくさんありますが、オリジナルの商品を提供することで競合他社との差別化を図り、他のワークショップとは異なり、伝統的な技法を使用して100%手作業で絵画を制作しています。 。

その他 クリムトの絵画の複製は金で描かれています、しかし金箔の象眼細工で塗ることもできます。

金箔を敷く技術に興味のある方へ: 金箔の敷設

 

クリムトのスタイルの進化

クリムトは、装飾画家としての活動を通じて人気を博し始め、公共の建物を美しくするために歴史的なシーンや人物を描きました。 彼はこの時期、「ゴールデンフェーズ」として知られる彼のほぼ抽象的な構成のきらめくパターンの品質を洗練し続け、それは最終的に彼の絵画の真の主題となるでしょう。

「ファインアーツ」の画家でしたが、クリムトはファインアーツと装飾芸術の間の妥当性の並外れた使者でした。 建築の背景に初期の成功を収めた絵画を楽しんだ後、彼の最も有名な作品の多くは他のインテリアデザイン要素を補完することを目的としていることを認め、 ゲサムトクンストヴェルク (総合的な芸術作品)。 彼のキャリアの後半では、彼はからのアーティストと協力して働きます ウィーナーヴェルクシュテッテ (L'atelier Viennois)、日常のオブジェクトの品質と魅力を向上させることを目的としたオーストリアのデザイン組織。

Klimtは、の最も重要な創設者のXNUMX人でした。 1897年のウィーンの譲歩、そして初代大統領でしたが、彼の芸術的業績(現時点では作品の数は比較的限られています)ではなく、彼の個性の若さと芸術当局に挑戦したいという願望のために選ばれました。当時の。 アートヌーボーの画家としての彼の力と世界的な名声は、初期のセッションの成功に大きく貢献しましたが、1905年に彼がそれを去ったときの運動の衰退にも貢献しました。

クリムトの芸術は現在広く普及していますが、20世紀のほとんどの間無視され続けました。 公共の場での彼の作品は、そのエロティックな内容のために猥褻さで非難され、彼の時代に反対の群れを引き起こし、クリムトは一挙に政府の入札から撤退するようになりました。 彼の絵はそれほど挑発的であり、彼のかなりの性的欲求の表現を反映していた。

EgonSchieleやOskarKokoschkaなどの若いアーティストをサポートすることでの彼の名声と寛大さにもかかわらず、Klimtにはほとんどフォロワーがなく、彼の作品は今日まで常に非常に個人的で特別なものと見なされてきました。 しかし、グスタフ・クリムトの絵画は、戦間期の表現主義者や超現実主義者と多くの形式的および主題的な特徴を共有していますが、それらの多くは彼に気づいていませんでした。

グスタフ・クリムトの絵画

グスタフ・クリムトによる小さな物語

グスタフ・クリムトは奇妙なキャラクターでした。 彼のクライアントのXNUMX人であるFriederikaMaria Beer-Montiは、WienerWerkstätteでKlimtの友人が作った非常に派手なミンクコートを着て、肖像画を作るために彼女のスタジオに現れました。 クリムトは承認すると思うかもしれませんが、代わりに彼は彼女にそれを外して裏返し、赤い絹の裏地を見せびらかすように頼みました…そしてそれが彼がそれを描いた方法です。 当時ウィーンで最も有名な画家であったクリムトは、一見そのようなものを買う余裕がありました。

彼は今日でも、XNUMX世紀で最も偉大な画家・装飾家の一人として、そして当時のエロティックな絵画の最大のコレクションを生み出した画家の一人として記憶されています。 アカデミックな方法に従って建築プロジェクトで最初に成功を収めた後、ヨーロッパの芸術における他のより現代的なトレンドとの出会いは、彼自身のスタイル、非常に個人的、折衷的、そしてしばしば素晴らしいものを作成するように促しました。

ウィーンセセッションの共同創設者兼初代社長として、クリムトはこの運動が最高のサークルで影響力を持つようになることを保証しました。 クリムトはスキャンダルを引き起こそうとはしなかったが、保守的で超伝統主義的な世界で彼の仕事で採用した物議を醸す主題は、彼のキャリアを通して彼に続いた。 彼は結婚したことはありませんでしたが、クリムトは数人の愛人と親密な関係を保ち、XNUMX人の子供を妊娠したと言われています。 彼の私生活に関して非常に大きな裁量にもかかわらず、これは。

の伝記を読む グスタフ·クリムト

©Copyright 1996-2021 Paul Oeuvre Art inc。 カウタイギャラリー
オフィス:#219、Street 19 Sangkat Chey Chomnas、12206、プノンペン、カンボジア
投票:4.8 / 5に基づく14658レビュー| 営業時間:月曜から金曜の午前9時から午後17時
電話番号:   | Eメール: [メール保護]