ワシリー・カンディンスキーの絵画の手描き複製

マスターの作品と同様に、あらゆる点でワシリーカンディンスキーの絵画のすばらしい複製を購入してください。 数十のキャンバスから選択。

カンディンスキーの絵画をキャンバスに複製して油絵を描く

Kandinsky's Picturesの複製を作成することは、最初は簡単に思えますが、そうではありません。 彼の幾何学的な作品は非常に正確であり、ブラシの曲線と線を正確にコピーする必要があります。 正しい角度ではない角度、完全に丸くない円は、それ自体が複製全体を台無しにする可能性があります。 すべてが課題であり、すべての詳細が重要です。

色も例外ではなく、カンディンスキーの最も複雑な絵画には何百もの色が含まれています。 私たちのベテランアーティストは、それらを素晴らしく再現する方法を知っており、高品質の顔料を使用して、元の色の正確な強度を見つけるために必要な時間をかけます。

「ジョーン、ルージュ、ブルー」や「デリケートなテンション」など、一部のカンディンスキーのキャンバスはレリーフの背景に描かれています。 これらのキャンバスには、Vassily Kandinskyが作成した方法で、キャンバスのレリーフを再現する特別な背景を用意しています。これにより、非常に粒子の粗い効果が得られます。

カンディンスキーのスタイル

現代の抽象芸術の先駆者の一人であるワシリー・カンディンスキーは、色と形の間の刺激的な相互関係を利用して、視聴者の視覚、聴覚、感情を引き付ける美的体験を生み出します。

彼は、抽象化は深い超越的な表現の可能性を提供し、単に自然をコピーすることはこのプロセスを妨げるだけであると固く信じていました。 普遍的な精神性を伝えるアートを目指し、漠然と外界を指す絵の言葉で革新しましたが、アーティストの内面の体験から生まれたボリュームで表現されています。 彼の視覚的な語彙は、若さの表現的なキャンバスとその神聖な象徴から、熱狂的で操作的な構成へと移行し、成熟した、幾何学的で生物形態の平らな色の表面の作品で終わるというXNUMXつのフェーズで発展しました。

  • 絵画は何よりもカンディンスキーにとって非常に精神的なものでした。 彼は人間の感情の精神性と深さを、文化的および物理的な境界を超えた形と色の抽象的な言語に変換したかったのです。
  • カンディンスキーは、非客観的な絵画である抽象芸術を、芸術家の「内なる必要性」を表現し、感情やアイデアを変換するための理想的な視覚モードと見なしました。 彼は自分自身を、社会を改善するためにこの理想を全世界と共有することを使命とする預言者と見なしていました。
  • カンディンスキーは、音楽を最も超越した非客観的な芸術形式と見なしました。ミュージシャンは、シンプルな音で音楽を聴く人々の心の中にイメージを思い起こさせます。 彼は、官能的な統一の中で音と感情をほのめかす、同様の、オブジェクトのない、精神的に豊かな絵画を再現するよう努めました。

カンディンスキーの絵画

カンディンスキーの小さな物語

Vassily Kandinskyは、4年1866月13日にロシアで生まれ、1944年30月1885日にフランスのNeuilly-sur-Seineで亡くなりました。 彼はXNUMX歳でアーティストになることを決心しました。 彼はXNUMX年にモスクワで展示したとき、特に物事を詳細に再現することよりも色、光、感覚に重点を置いていた印象派の影響を強く受けました。

の伝記を読む カンディンスキー

©Copyright 1996-2021 Paul Oeuvre Art inc。 カウタイギャラリー
オフィス:#219、Street 19 Sangkat Chey Chomnas、12206、プノンペン、カンボジア
投票:4.8 / 5に基づく14658レビュー| 営業時間:月曜から金曜の午前9時から午後17時
電話番号:   | Eメール: [メール保護]